複合構成の活動親子アトリエ

▲top

  • じっくり のびのび
  • 感じる力と楽しむ心を育みます

1才~3才 2013年4月2日以後にお生まれのお子さま向けです(2016年度)

いろいろな形を組み合わせて、新しい形をつくりだします。

体感してきた多様な形や素材を組み合わせて、ひとつの統一した世界を表現することにより、ものごとのつながり(関係性)や調和を感じます。

親子アトリエ 複合構成の活動風景11 親子アトリエ 複合構成の活動風景12 親子アトリエ 複合構成の活動風景13 親子アトリエ 複合構成の活動風景14 親子アトリエ 複合構成の活動風景15 親子アトリエ 複合構成の活動風景16

活動例 積木

積木の活動では「建物」「ロボット」「山」など様々なテーマを設定して遊びます。

テーマはあくまでも大まかな設定で、そこから子どもたちの想像がどんどん膨らみ、いろいろな物が出来上がっていきます。

また、どのクラスでも、その日の子どもたちの様子や興味関心に応じて柔軟に対応していきます。

例えば「まち」というテーマの活動では、角棒でつくった道の周りに「まち」をつくり、最後に道にビーズを流してあそぶクラスもあれば、じっくりと積木を積んでいき、大きな「まち」を完成させるクラスもありました。

親子クラスでは、言葉にできないその子の欲求を講師が出来る限り感じ取り、活動を展開していきます。

親子アトリエ 複合構成の活動風景17 親子アトリエ 複合構成の活動風景18 親子アトリエ 複合構成の活動風景19 親子アトリエ 複合構成の活動風景20 親子アトリエ 複合構成の活動風景21 親子アトリエ 複合構成の活動風景22

活動例 発泡スチロールのオブジェ

複合構成の活動では色々な形・素材が登場します。

今回最初に出てきたのは様々な形の発泡スチロールです。

それを好きなように組み合わせ、周りをふわふわの粘土で覆います。

そして彩色し、カラー針金やビーズなどで飾りつけをしました。

親子クラスでの制作活動では、ただ作品を仕上げる事に重点を置くのではなく、様々な素材に触れ合い、親子で遊びながら自然と組み合わせていった結果作品が出来るというプロセスを大切にしています。

今回の活動でもふわふわの粘土に魅せられる子、発泡スチロールが気に入ってたくさんつなげている子と反応は様々でしたがどの子も皆素材を体感して楽しみました。

まるで不思議な生き物のような個性豊かなオブジェが出来上がりました。

  • 月曜~日曜(祝日含む) 9:00-20:00 受付
  • (折り返しの電話になる場合があります)