円柱の活動親子アトリエ

▲top

  • じっくり のびのび
  • 感じる力と楽しむ心を育みます

1才~3才 2013年4月2日以後にお生まれのお子さま向けです(2016年度)

円柱は、曲面による動きをもつ球と、反対に直面で囲まれて動かない立方体の反対の要素をもちます。

輪郭は球と同じく円として見える方向と立方体と同じ四角に見える方向があり、曲面と直線を持ち合わせています。

そのため転がすことも、積むこともできる動と静の要素を兼ね備えている形体です。

両方の性質を楽しむ活動で、球と立方体とのつながりを感じ、物事と物事をつなぎ合わせる存在があることを体感します。

親子アトリエ 円柱の活動風景11 親子アトリエ 円柱の活動風景12 親子アトリエ 円柱の活動風景13 親子アトリエ 円柱の活動風景14 親子アトリエ 円柱の活動風景15 親子アトリエ 円柱の活動風景16

活動例 万華鏡

初めに、ケルンモザイク円を見せます。「丸い形。もうひとつお友だち…」と言って講師が取り出したのは、半円のケルンモザイクです。

「あれ、何だか形が違うみたい」そう言ってもうひとつ半円のケルンモザイクを出します。

「ふたつをくっつけると…、ぴったり丸い形になったね。」それを見ていた子どもたちは「やってみたい!」と身を乗り出します。

扇形のケルンモザイクをパターンボードにはめて、円にしていきます。

次に、円のプラスティック板にマスキングテープを貼って円を分割し、絵の具で色を塗っていきます。

最後にマスキングテープを剥がすと、ステンドグラスのような作品が出来上がります。

でも、これで終わりではありません。

最後には大きな円柱が登場し、みんなが作ったステンドグラスを付けて回すと、万華鏡に変身します。

作品の見方を変えることで、また違う世界が見えてきます。

親子アトリエ 円柱の活動風景17 親子アトリエ 円柱の活動風景18 親子アトリエ 円柱の活動風景19 親子アトリエ 円柱の活動風景20 親子アトリエ 円柱の活動風景21 親子アトリエ 円柱の活動風景22

活動例 鏡

丸くて白い子どものお化けがハロウィンで仮装するお話の絵本を読みます。

絵本の中には不思議な形の鏡が登場し、その前でお化けが仮装をしています。

絵本が終わった後、先生が取り出したのは丸くて白い板です。

まるで絵本の中のお化けのようです。そこには丸い鏡がついています。

子どもたちは自分の顔が映るとニコっと笑ったり、じーっと見てみたりしていました。

絵本に出てきたような不思議な鏡をつくろう、と鏡の周りに色々な形の木端の中から好きなものを選び、貼っていきます。

貼れたら絵の具で彩色していきます。

出来上がった作品は世界にひとつだけの不思議な鏡になりました。

  • 月曜~日曜(祝日含む) 9:00-20:00 受付
  • (折り返しの電話になる場合があります)