幼児アトリエ

▲top

活動風景 幼児 球1 活動風景 幼児 球2 活動風景 幼児 球3 活動風景 幼児 球4 活動風景 幼児 球5 活動風景 幼児 球6

個性を認め合うことで集団活動の広がりを感じる活動

講師のもと、子どもたちだけで活動をします。

個々の表現活動を楽しみながら他者とのつながる心地よさを体感できるように集団制作の活動を取り入れてます。

子ども同士で活動することで様々な感情を体験し、他の子も自分と違う主張や感情をもった存在であることに気付くようになります。

仲間との共同作業で表現活動が広がっていくことを実感し感動を得ることで、仲間とつながることの心地よさや必要性を感じ、協調性が育まれます。

クリエイトキャンバスのアトリエでは1人で活動できるようになることを目的としていません。

体験をすぐに共感してほしい、そばにいてくれると安心して活動できるなど、保護者と一緒にいたい時期でもあります。

それぞれの個性を見極め、自発性と自主性をそこなわないように、お子さまを見守っていただけるようアドバイスをさせていただきます。

球 不思議な球

子ども達は球が大好きです。

球が現れると子どもたちは球の動きと同じように飛んだり跳ねたりしながら遊びます。

今回は球の転がる性質に反した、静止するという性質も持つ不思議な球で遊びました。

仕掛けは発泡スチロールの球に穴をあけ、中にビー玉と粘土をつめておもりを仕込んだものです。 いつもとは違うおかしな球の動きに子どもたちは驚き、大興奮です。

坂道や平面で思うようにいかない動きを楽しんだ後は、球に絵の具をつけて紙の上で軌跡を楽しみ最後には自分の好きな色で彩色して持ち帰りました。

円柱 料理 ニョッキ

クリエイトキャンバスのアトリエでは創造活動の一つとして、料理の活動を行ないます。

今回は円柱の形そのものであるニョッキを作りました。 前回のテーマである球に近い形のじゃがいもで作られた生地をよくこね、ころころと棒状にのばしていくと円柱に変身します。

さらに一口大に切っていくと小さな円柱がたくさん生まれます。 茹でたニョッキはソースをそえて、保護者の方もいっしょにみんなで美味しくいただきました。

自分で最初から作り上げたので味も格別に感じたようです。

活動風景 幼児 円柱1 活動風景 幼児 円柱2 活動風景 幼児 円柱3 活動風景 幼児 円柱4 活動風景 幼児 円柱5 活動風景 幼児 円柱6

四角 ダンボールの大きな家

正方形の大きなダンボール板の面を線で四角く区切って絵の具で彩色した後に、そのダンボールを組み立てて家を作りました。

子どもたちは中に入ったり出たりを繰り返し、全身で四角の空間を体感しています。 屋根にあけた穴に塩ビ板で作ったステンドグラスを取り付け、穴から差し込む光の美しさも楽しみました。

これには子どもたちだけでなく保護者の方々も驚いている様子でした。

活動の時間が終わった後もしばらく遊んでいる子がとても多い作品でした。

活動風景 幼児 四角1 活動風景 幼児 四角2 活動風景 幼児 四角3 活動風景 幼児 四角4 活動風景 幼児 四角5 活動風景 幼児 四角6

三角 積木

直角二等辺三角形と立方体、直方体の積木を使って、大きな山を全員で協力して造ります。

山ができると、「山と山を繋げる線路をつくろう」「山の近くにお家もつくりたい」と"山"からどんどん子どもたちのイメージが膨らんでいきます。

「もっと大きな山をつくりたい」と自分より大きな山をつくる子も。 そうして完成したのが"山のあるまち"です。

最後には山と山をつなげる長い橋をかけビーズを転がして遊びました。

活動風景 幼児 三角1 活動風景 幼児 三角2 活動風景 幼児 三角3 活動風景 幼児 三角4 活動風景 幼児 三角5 活動風景 幼児 三角6

点線面 絵画 花

花が飾られています。

子どもたちは「これ何ていうお花?」「いい匂いがする!」と興味深そうに花を観察します。 花の周りにはイーゼルが立てられ、花を見て感じたままに表現していきます。

大人が"絵画"と聞いてイメージするのは、モチーフを正確に描くことかも知れません。 しかし、クリエイトキャンバスのアトリエでは上手に描くための"描き方"を教える事はありません。

大事にしているのは"感じたままに表現すること"です。

一見、画用紙に絵の具を塗りたくっている様に見えても、実はモチーフを真剣に見てそれを表現しています。

活動風景 幼児 点線面1 活動風景 幼児 点線面2 活動風景 幼児 点線面3 活動風景 幼児 点線面4 活動風景 幼児 点線面5 活動風景 幼児 点線面6

複合構成 ロウのオブジェ

毛糸やアイロンビーズ、カッティングシートなど気に入った素材を四角い白い箱の中に貼っていきます。

毛糸を箱の外にまで出したり、素材を積み上げて立体的に構成したり、自由に作品を造ります。

ロウを流し込み、透明の液体が、少しずつ半透明になって固まっていく様子を子どもたちは興味深く観察しています。

ロウを入れることによって、最初に貼った素材の見え方が変化して作品全体の印象が変わります。

活動風景 幼児 複合構成1 活動風景 幼児 複合構成2 活動風景 幼児 複合構成3 活動風景 幼児 複合構成4 活動風景 幼児 複合構成5 活動風景 幼児 複合構成6
  • 月曜~日曜(祝日含む) 9:00-20:00 受付
  • (折り返しの電話になる場合があります)