球の活動親子アトリエ

▲top

  • じっくり のびのび
  • 感じる力と楽しむ心を育みます

1才~3才 2013年4月2日以後にお生まれのお子さま向けです(2016年度)

どこから見ても同じ形をしている球は、あらゆる形のなかで最も単純な形です。

球の特徴である曲面による動きには一定の秩序があり、また全体を捉えることができます。

いちばん単純な形から多様に生まれる活動によって、形がもつ無限の可能性を遊びながら直感していきます。

親子アトリエ 球の活動風景11 親子アトリエ 球の活動風景12 親子アトリエ 球の活動風景13 親子アトリエ 球の活動風景14 親子アトリエ 球の活動風景15 親子アトリエ 球の活動風景16

活動例 桜吹雪

床に木が描かれた画用紙が貼られています。でも、花が咲いていません。

「みんなで花を咲かせよう」と、ママボールに花のもとをつけて、枝にポンポンと花を咲かせていきます。

花のもとは水で溶いたボンドに絵の具を混ぜてピンクにしたものです。

丸い花がたくさん咲いたところに、ひらひらと天井から何か降ってきました。

「わー!花だ!」と子どもたちの歓声があがりました。

ピンクの小さな紙を上からまくと、まるで本物の桜の花びらのように綺麗です。

床いっぱいにまかれた花びらを、拾い集めてはまき、目を輝かせながら遊びました。

親子アトリエ 球の活動風景17 親子アトリエ 球の活動風景18 親子アトリエ 球の活動風景19 親子アトリエ 球の活動風景20 親子アトリエ 球の活動風景21 親子アトリエ 球の活動風景22

活動例 風船

袋にたくさん詰まった風船が上からふわふわと落ちてくると、子どもたちから歓声があがります。

風船を扇風機で飛ばしたり、両手一杯に抱えたり、投げたり、思い思いに遊びます。風船で思いきり遊んだ後は、坂で風船を転がします。

みんなの風船はふわふわしてなかなか転がらないのに、先生の風船はころころ転がっていきます。

実は風船の中には水が入っているのです。

普通の風船と水が入っている風船の動きや感覚の違いを感じながら、水入り風船に絵の具をつけて紙がしかれた坂の上を転がします。

青、水色、緑の不思議な軌跡が描かれました。

最後には色つきシャボン玉を扇風機でたくさん飛ばし、部屋いっぱいに丸いシャボン玉が浮かびました。

  • 月曜~日曜(祝日含む) 9:00-20:00 受付
  • (折り返しの電話になる場合があります)