四角の活動親子アトリエ

▲top

  • じっくり のびのび
  • 感じる力と楽しむ心を育みます

1才~3才 2013年4月2日以後にお生まれのお子さま向けです(2016年度)

球が曲面のみで成り立っているのに対して、四角の立方体は面や直線や角など、さまざまな要素によって成り立っています。

また、球と対極にある立方体やその分割によって生まれた形の集合体である積み木、それはどこかに四角い輪郭をもっています。

動きによって生命を感じさせる球に対して、増えていくことによって立方体は生命を感じさせます。

対極にある両方の形の性質を併せた活動を通し比較することで関係性の洞察がさらに深まります。

親子アトリエ 四角の活動風景11 親子アトリエ 四角の活動風景12 親子アトリエ 四角の活動風景13 親子アトリエ 四角の活動風景14 親子アトリエ 四角の活動風景15 親子アトリエ 四角の活動風景16

活動例 段ボールロボット

四角い段ボール、どこまで積めるかな。

たくさん積んで、天井に届きそう…と思ったら倒れてきた!段ボールを使ってダイナミックに遊びます。

段ボールで夢中になって遊んでいると、段ボールロボットの登場です。

段ボールロボットに追いかけられ、逃げる子やママボールで果敢に挑む子もいます。

でも、段ボールロボットの正体は先生でした。

「みんなも段ボールロボットに変身しよう。」と、段ボールを貰い制作開始です。

紙管やキャップ、紙コップなど様々な材料の中から、自分の好きな物を選んで貼り付けていきます。

段ボールカッターを使って穴も開けます。

最後には、たっぷりの絵の具で上も横も後ろも塗って、自分も絵の具まみれになって、段ボールロボットの完成です。

親子アトリエ 四角の活動風景17 親子アトリエ 四角の活動風景18 親子アトリエ 四角の活動風景19 親子アトリエ 四角の活動風景20 親子アトリエ 四角の活動風景21 親子アトリエ 四角の活動風景22

活動例 木端の塔

"箱"の出てくる絵本を読みます。

アトリエにも"箱"があるよ、と先生が"箱"を出すと、中からケルンブロック立方体がでてきます。

まずはケルンブロックで遊びます。電車ができたり、家ができたり、色々な形に変化していきます。

次に、ケルンブロックと似た形の立方体や直方体の木端を使って制作をしていきます。

木端をボンドで貼りあわせながら、感じたままに組み立てていきます 。

上にどんどん積んでいく子もいれば、横につなげていく子もいます。

彩色は木目を活かすために、絵の具の薄め液を使い楽しみました。

  • 月曜~日曜(祝日含む) 9:00-20:00 受付
  • (折り返しの電話になる場合があります)