評価や競争のない環境活動案内

▲top

活動風景19 活動風景20 活動風景21 活動風景22 活動風景23 活動風景24

評価や競争のない環境

評価を気にしながらの創造活動では子どもの成長にとって意味のある造形活動にはなりません。様々なやり方や多様な完成形を認めることができるのが造形活動です。自らの創造欲求に基づいた創造活動で、より大きな感動と満足感が得られ、意味ある創造活動となります。

また競争になりやすい価値(早い 正しい など)より、思考の深さや試行錯誤など競争になりにくい価値を大切にしています。子どもには本来、踊りたい 歌いたい 作りたい という表現や創作する欲求とそれを満たすためにさらに物事を知りたいという欲求があります。

しかし周りの評価や比較によって苦手意識が生まれ、創作する楽しさを忘れてしまいます。

ありのままの自己表現が認められるクリエイトキャンバス アトリエの空間を感じてもらえれば、先入観から解放され、楽しく自ら表現創作活動に取り組むことができます。音楽や体育などでも創造活動は可能です。しかし一定の知識の習得や反復の訓練がなければ達成感を味わえるような表現をすることができません。造形活動であれば、知識や訓練なしですぐに表現や創作が可能です。

活動風景13 活動風景14 活動風景15 活動風景16 活動風景17 活動風景18

抽象作品と具象作品

クリエイトキャンバス アトリエでは、抽象作品を創る活動を大切にしています。

具象作品(具体的な物をモチーフにしたもの)では、どうしてもモチーフに似ているかどうかの表面的な価値で作品を捉えがちです。抽象作品は、似ている似ていないの評価ができませんので、子どもは自分の感じたままに表現活動が楽しめます。

しかし抽象作品は、とらえどころやお手本、唯一の答えがないため、創り始める難易度が高くなります。クリエイトキャンバス アトリエでは制作活動前の導入や、形遊び色遊びの中に様々な工夫をこらし、イメージを膨らましていきますので初めての子どもでもスムーズに抽象作品の制作が楽しめます。

  • 月曜~日曜(祝日含む) 9:00-20:00 受付
  • (折り返しの電話になる場合があります)